美しくなる【脂肪吸引、整形をして理想の体へ】

注射治療

ふくらはぎをほっそり

上半身は細いのに脚だけが太い、あるいはいくらダイエットをしても脚が筋肉質でどうしても細くならない、そんな悩みを持つ人におすすめなのがボトックス注射によるふくらはぎ痩せです。 ボトックスはボツリヌス菌に含まれるボツリヌストキシンというタンパク質の一種を種製剤とした薬剤で、筋肉が動くときに必要な指令を送る神経伝達物質・アセチルコリンの放出を抑制する作用があります。そのためボトックスをふくらはぎに注射すると筋肉の動きが抑えられ、あまり使われなくなった筋肉は委縮して細くなり、その結果ふくらはぎが細くなる、というものです。効果が継続するのは6か月間ですが、効果が切れる前に再度注射すれば延長することができます。

ワキガを治療

ボトックス注射はわきが・多汗症の治療にも効果を発揮します。冬でも人一倍汗をかいてしまう多汗症、独特の鼻に付くにおいで人間関係まで悪くしてしまう恐れのあるわきがは、本人にとっては大変つらい悩みです。従来これらの治療は手術が必要でしたが、患者さんの身体に負担が大きく、ダウンタイムが長く入院が必要でした。 ボトックス注射は汗を出す指令を伝える神経伝達物質・アセチルコリンの放出を抑えることで、汗腺から汗を出させないようにする効果があります。治療は注射だけなのでとても簡単です。1回注射すれば効果は半年ほど持続します。したがって、夏前に受けておけばひと夏安心して過ごせるというわけです。また、繰り返し注射することで持続期間は徐々にのびていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加